ネットワークカメラ

arlo「Arlo Ultra」の画質・機能をレビュー!最安値・価格比較

arlo「Arlo Ultra」は防犯カメラとしても、見守りカメラとしても使える800万画素(4K)のネットワークカメラです。
今回は、このarlo「Arlo Ultra」の画質や撮影機能などをレビューしていきます。

arlo「Arlo Ultra」レビュー!

Arlo Ultraレビュー

「Arlo pro Ultra」は、4Kで非常に鮮明な画質で録画することができます。180度の超広角のレンズを搭載しており、高度なゆがみ補正で、ゆがみのない映像が見れます。また、夜間でも白黒ではなく、綺麗なカラーで映像を撮ることができるので、不審者などを見極められます。不審者などを発見した場合は、自動で対象にズームし、追跡します。

画質・撮影スペック

arlo「Arlo Ultra」の画質や撮影に関するスペックをご紹介していきます。

arlo「Arlo Ultra」
画質・撮影スペック
画素数 800万画素
解像度 4K
センサーサイズ 1/2.7型
最大フレームレート
水平視野角 180°
垂直視野角
光学ズーム -
電子ズーム 最大12倍

arlo「Arlo Ultra」は、800万画素と他社のネットワークカメラを圧倒する非常に高画素なイメージセンサーを搭載しています!画質にこだわる方であれば、「Arlo Ultra」はオススメ!もはや、圧倒的な高画質!もはや他のネットワークカメラは使えない体質になってしまうでしょう。

arlo「Arlo Ultra」の解像度は、4K(3840 x 2160)となっており、ネットワークカメラとしては十分すぎるほどの高画質です。逆にデータの保存容量をかなり消費しますので、常時録画の用途としては不向きです。

Arlo Ultraの最安値はコチラ

撮影機能

arlo「Arlo Ultra」の撮影機能をまとめながら、レビューしていきます。

arlo「Arlo Ultra」
撮影機能
横振り機能(パン) -
縦振り機能(チルト) -
夜間・暗視撮影
赤外線ライト
動体検知
動体自動追尾撮影 -
屋外対応

arlo「Arlo Ultra」は、夜間撮影にも対応しています。赤外線ライトを搭載しているので、夜間や電気を消した室内の撮影・録画も可能ですので、寝ている赤ちゃんや高齢者の見守り・防犯用としても最適です。

arlo「Arlo Ultra」は動体検知にも対応しており、防犯用としても最適です。画角内で動くものを検知した際に、自動録画をしてくれる機能となります。また、「Arlo Ultra」が動体検知するとアプリへ通知を送信してくれますので、自宅の車の盗難防止・いたずら抑止から、店舗などの防犯対策まで幅広く活用できます。

arlo「Arlo Ultra」は、屋内・屋外両用のネットワークカメラですので、屋外への設置も可能となっています。

Arlo Ultraの最安値はコチラ

通信関連機能

arlo「Arlo Ultra」の通信関連の機能をまとめていきます。

arlo「Arlo Ultra」
通信機能
有線LAN -
無線LAN
Wi-Fi規格 b/g/n
音声双方向通話

arlo「Arlo Ultra」は、マイク・スピーカーを内蔵しており、双方向通話にも対応しています。
乳幼児のみまもりやペットのみまもり時にアプリを通じて、会話をすることが出来ます。

Arlo Ultraの最安値はコチラ

データ保存

arlo「Arlo Ultra」のデータ保存に関する機能をまとめていきます。

arlo「Arlo Ultra」
データ保存について
クラウド保存
SDカード保存
NAS保存(HDD) -

arlo「Arlo Ultra」は、クラウド保存に対応しているので、24時間365日の常時録画データや動体検知時の自動録画データをクラウド保存してくれます。万が一、犯人にカメラを破壊された場合でも、そこまでのデータがオンライン上に残り、証拠となるのがメリットでしょう。

arlo「Arlo Ultra」は、microSDカードへの録画データの保存に対応しています。SDカード非対応端末の場合、本体容量に依存します。microSDカードが安価な現在では、「Arlo Ultra」のようにmicroSDカード対応端末の方が使い勝手が良いでしょう。

arlo「Arlo Ultra」はNASへのデータ保存には対応していませんが、現状、NAS保存に対応していないネットワークカメラの方が多いですし、NASへの保存は設定が複雑なので初心者にはオススメしません。

Arlo Ultraの最安値はコチラ

スマートスピーカー連携

arlo「Arlo Ultra」のデータ保存に関する機能をまとめていきます。

arlo「Arlo Ultra」
データ保存について
Alexa対応
Google Home対応

arlo「Arlo Ultra」は、Amazon Alexa・Googleアシスタント(Googleホーム)に両対応していますので、Amazon EchoシリーズやGoogle Nestシリーズと連携して音声操作や映像の確認が可能です。

最安値・価格比較

Anker「Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt」

この価格で全部入り!最高のコスパを誇るネットワークカメラが「Anker Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt」
パン・チルト対応で、屋内用の防犯カメラ・見守りカメラとしてはコスパ最強の一台です。

画素数は非公表となっていますが、解像度からすると300万画素のカメラということになり、一般的なネットワークカメラが200万画素ですので、少し高画素となっています。

唯一の弱点は防水・防塵非対応ですので、屋外監視には利用できないという点でしょう。

TP-Link「Tapo C200」

Amazonでのネットワークカメラの売れ筋ランキングNo.1がこちらの「TP-Link Tapo C200」!
この低価格で、機能もてんこ盛り。

Amazonでの売れ筋を考えると、「TP-Link Tapo C200」を1位にしようかと思いましたが、
ほぼ同じ機能を持ちながら、画質面・高画素という点では、「Anker Eufy IndoorCam 2K Pan & Tilt」に分があるという点から、このランキングにさせて頂きました。

塚本無線「みてるちゃん2 WTW-IPW188W」

楽天/Yahoo!ショッピングで大人気となっている塚本無線製のネットワークカメラの最新作。
日本メーカー製ということで、価格は高いですが、前作「みてるちゃん」がかなり高評価を獲得しており、
今後、「みてるちゃん2」に移行することを考えると、今後の改善に期待。

現時点でレビュー評価を比較すると、前作「みてるちゃん」のほうが高評価。
ペットの見守り用としてかなり人気のネットワークカメラですね!

-ネットワークカメラ
-, , , ,